診療情報管理課

診療情報管理課のご紹介

診療情報管理課では診療情報管理業務と医師事務作業補助業務を行っております。

1.診療情報管理業務

診療記録(カルテ)は、患者さんの大切な情報が多くの専門職により記載されています。
診療情報管理士は日々の業務において、より良い診療記録を整備できるよう作成書類の不備、診療記録の紛失、情報漏洩の防止に努めています。
また、診療記録を元にした貴重なデータを活かし、分析・統計資料を作成しています。

業務内容

  • 紙媒体診療記録の保管管理
  • 入院診療記録からの病歴情報・疾病分類の入力
  • 診療記録等の開示、学術用データの提供
  • 諸統計業務
  • 個人情報管理
  • 様式1データ作成
  • 院内がん登録

2.医師事務作業補助業務

医療の高度化に伴い、医師の負担は増大する一方です。当院では、医師の業務負担軽減と病院全体の業務の最適化を図る目的で医師事務作業補助者を院内に配置しております。
医師事務作業補助者は医師が専門性を必要とする医療業務に専念でき、より質の高い医療の提供ができるよう、医師の指示のもと下記の業務を行っています。

業務内容

  • 外来診療補助業務
  • 診断書などの文書作成補助業務
  • 診療記録への代行入力業務
  • 医療の質の向上に資する事務業務(データベース登録、学会関係資料作成補助等)