臨床工学科

臨床工学技士は医療機器の専門医療職です。
病院内で、医師・看護師や各種のコ・メディカル(放射線技師・薬剤師・理学療法士など)とチームを組んで患者さんの治療が安全に行われるようにサポートを行っています。

その中で臨床工学技士は、生命維持装置などの医療機器の保守・管理を行い、医療機器が何時でも安心して使用できるように努めております。
当センターでは、3名の臨床工学技士が勤務しており、主に医療機器管理業務・心臓カテーテル検査業務・人工呼吸器管理業務・特殊血液浄化業務等に従事しております。

臨床工学科の業務内容

医療機器管理業務

病院内で医療機器を、安全に使用でき、機器の性能が維持できるように保守・点検を行っています。
対象機器は、人工呼吸器・輸液ポンプ・シリンジポンプ・ベットサイドモニタ・除細動器・AED・電気メス・パルスオキシメーター等です。
また人工呼吸器・輸液ポンプ・シリンジポンプ・はME機器管理システム(MEDICSON)による貸出端末を用いた中央管理を行い、効率的で適切な運用ができるようにしています。

心臓カテーテル検査業務

血管造影室では、心臓カテーテルでの検査(心内圧測定、血管造影)や経皮的冠動脈形成治療(PCI)、ペースメーカー植込み術などが行われております。
臨床工学技士は、心内圧測定、カテラボ、血管内超音波、IABP、PCPS、ペースメーカーのプログラマー等の機器を管理操作しています。

人工呼吸器管理業務

肺の機能が弱くなり、呼吸が十分にできなくなった患者さんには呼吸をサポートするための人工呼吸器という装置が使用されます。
その際、臨床工学技士は人工呼吸器が稼働している場所へ行き、安全に装置が使用されているか、また、装置に異常がないかなどを確認します。
また人工呼吸器の保守管理もおこない、メーカの講習を受けた上で、定期的に部品交換も行っております。

特殊血液浄化業務

当センターでは、維持透析患者さん以外の急性腎不全患者に対しての腎機能代行療法である持続的血液濾過透析、大腸穿孔時の敗血症に対する血液吸着療法、炎症性腸疾患に対する血液吸着療法、腹水再還流(がんや肝硬変などによってたまった腹水(または胸水)を濾過濃縮して有用なタンパク成分を回収する治療法。たまった腹水(または胸水)をバッグに取り出し、その後、濾過器を用いて細菌や癌細胞等を除去した後、濃縮器で除水を行い、アルブミン等の有用な物質を濃縮して再び体内に戻す治療法)等の血液浄化療法を医師の指示のもと実施しております。