脳神経外科

脳神経外科の疾患は主に脳血管障害、頭部外傷、脳腫瘍、機能、脊椎・脊髄、小児などの専門分野に細分化されています。脳血管障害はくも膜下出血、脳梗塞、脳出血など救急疾患の中でも頻度の高いものであり、当院の診療においても中心となっています。

当院では開頭手術の他、脳血管内治療を行っています。 くも膜下出血の破裂脳動脈瘤や未破裂脳動脈瘤に対する開頭クリッピング術と動脈瘤コイル塞栓術、脳出血に対する開頭血腫除去術、頚動脈狭窄に対するステント留置術、また内科との協同で急性期脳梗塞に対するカテーテルを用いた血行再建術を行っています。
他、保存的治療の脳梗塞、脳出血も内科、リハビリテーションの協力のもとに急性期診療を行っています。

また頭部外傷も軽症から重症まで救急要請や近隣の診療所から多くのご紹介をいただいております。
脳血管障害、頭部外傷は頻度も高く、救急の需要が多く占めている当院としてはさいたま市の救急診療に貢献したいと考えております。

その他、機能に該当する疾患の中では顔面痙攣、三叉神経痛などに対する微小血管減圧術を行います。
脳腫瘍の治療としましては髄膜腫など良性脳腫瘍の摘出術を行いますが、放射線治療を要する悪性腫瘍の場合は当院では不可であるためご紹介いただき、診断された時点で治療可能な施設をご紹介しています。

さいたま市において地域支援型である当院の役割を果たすとともに、ご紹介いただいた後、急性期、リハビリを経てまたクリニックで診療を継続していただくようにご紹介する循環型の診療体系を目指しております。

医師

田中 喜展

脳神経外科科長
日本脳神経外科学会専門医

日本脳卒中学会専門医

日本神経内視鏡学会技術認定医

日本脳神経経血管内治療学会専門医

日本脳卒中の外科学会技術指導医

 

獨協医科大学越谷病院より派遣

杉浦 嘉樹 脳神経外科医員
獨協医科大学越谷病院より派遣
島村 知仁 リハビリテーション科科長
日本脳神経外科学会専門医