病理診断科

診療の特徴

診断部門のひとつであり、内科や外科などの臨床サイドで患者さんから採取した臓器一部を顕微教標本にして顕微鏡診断をしています。

診療実績

業務
病理診断業務 組織診断 当センターの病理検体数 2,480
開業医から依頼された病理検体数 1,549
4,029
細胞診断 当センターの細胞診検体数 1,279
開業医から依頼された細胞診検体数 7,484
8,763
術中迅速診断 86
解  剖 6
CPC回数  3

医師

内間 久隆

病理診断科副部長
日本病理学会ならびに日本専門医機構認定病理専門医

日本病理学会認定研修指導医