外科

診療内容

消化器外科、乳腺・内分泌外科、一般外科疾患を対象にしています。

  • 食道、胃、十二指腸から大腸、肛門、肝臓、胆嚢、膵臓に至る消化器疾患(腫瘍、炎症など)の診断と治療(外科手術、化学療法など)
  • 内視鏡外科(胸腔鏡・腹腔鏡下)手術(食道癌、胃癌、大腸癌、胆石症、鼠径ヘルニア、急性虫垂炎、腸閉塞症など)
  • 急性虫垂炎やヘルニアなどの一般外科疾患の外科治療
  • 腹部救急疾患(消化管穿孔や腸閉塞など)の診断と治療
  • 乳腺・甲状腺疾患、下肢静脈瘤の診断と治療(外科手術、化学療法など)

特色

  • 地域の中核病院として責務を果たすべく、消化器・一般外科に対する緊急手術を含め24時間365日対応できる体制をとっております。
  • 胃癌、大腸癌を始め、食道、肝臓、胆嚢、膵臓など全ての消化器がんに対して、消化器内科、放射線科と共同して手術、化学療法、カテーテル治療を駆使し患者さん、病気の状態に合わせた治療を行っております。化学療法は、術前・術後一貫して外科医が行うようにしております。
  • 内視鏡外科手術もさまざまな疾患の治療に取り入れており、低侵襲*で患者さんの体に優しい治療、患者さんの生活の質(Quality of Life)に配慮した治療を行っております。
    *低侵襲とは・・・手術に伴う痛み、出血などをできるだけ少なくするため、体に対する侵襲度が低い内視鏡医療機器を用いた医療のこと。患者さんの体への負担が少なく、回復も早くなる。
  • 地域の病院、診療所との綿密な連携をとりながら、患者さん主体の丁寧な診療を心がけています。
  • 外科手術、化学療法に対してクリニカルパス*を多数導入し、安全、効率的で患者さんに分かり易い治療を行っています。
    *クリニカルパスとは・・・入院中に行われる検査・処置・指導・看護・食事などを入院から退院までの時間順にまとめた表。診療計画表。
  • 毎週行っている外科、消化器内科、放射線科、病理診断科との合同会議で、個々の患者さんに合わせた最適な治療法を決定しております。

診療実績

平成28年度の手術件数は、総数692件、全身麻酔582件、腹腔鏡下手術240件、緊急手術192件でした。
全手術症例中218例(31.5%)が悪性疾患(がん)でした。

3年間の外科手術件数
疾患 平成26年 平成27年 平成28年
手術件数 鏡視下手術 手術件数 鏡視下手術 手術件数 鏡視下手術
食道手術 良性 0 0 0 0 0 0
悪性 6 6 4 4 1 1
胃・十二指腸手術 良性 14 0 8 0 9 0
悪性 44 19 54 16 42 13
小腸・大腸手術 良性 135 73 165 100 149 68
悪性 87 28 84 32 73 23
肛門   26 0 23 1 10 0
肝・胆・膵手術 良性 87 81 98 84 95 87
悪性 30 0 19 0 17 0
ヘルニア手術 鼠径部 78 34 83 43 87 37
腹壁その他 20 2 25 11 19 10
乳腺手術 良性 3 0 3 0 8 0
悪性 70 0 76 0 81 0
甲状腺手術 良性 3 0 4 0 3 0
悪性 3 0 7 0 4 0
下肢静脈瘤   58 0 40 0 27 0
その他   71 0 70 0 67 1
合計   735 243 763 291 692 240
平成28年度手術統計
臓器 疾患 術式 内視鏡外科 数
食道  食道癌 食道亜全摘  1 1
1 1
胃十二指腸  胃癌    幽門側切除 22 8
噴門側切除 4 3
胃全摘切除 8 0
胃腸吻合、試験開腹 5 0
 GIST   3 2
潰瘍  大網充填 9 0
51 13
結腸直腸  虫垂炎  虫垂切除 72 64
虫垂炎 腸切除 1 1
結腸癌 切除 47 16
直腸癌 低位前方切除術 23 7
Miles, Hartmann 2 0
 腸閉塞・穿孔 腸閉塞手術 39 2
その他(小腸含む)   38 1
  222 91
肛門  痔核   6 0
痔瘻   2 0
その他(直腸脱)   2 0
  10 0
肝胆膵  胆石・胆嚢炎  開腹胆摘 6 0
Lap-C 86 86
 膵臓癌 PD 4 0
その他(DP) 1 0
 胆管癌 PD 3 0
肝癌  部分切除 2 0
葉切除、区域 5 0
RFA 2 0
 その他   3 1
  112 87
ヘルニア  鼡径   87 37
大腿   1 0
腹壁   9 7
その他   9 3
  106 47
下肢静脈瘤     27 0
乳腺     89 0
甲状腺     7 0
その他     67 1
合計     692 240
緊急     192  
全麻     582  

一般外科

鼠径ヘルニア(鼠径、大腿、閉鎖孔ヘルニアなど)、腹壁ヘルニア、難治性褥瘡なども扱っております。

鼠径ヘルニア

鼠径ヘルニアの手術は小児に対してはポッツ法を、成人に関しては主にメッシュ(人工膜)を用いたテンションフリー手術を行っていますが状況に応じてiliopubic tract repair※などメッシュを入れない治療を行うこともあります。また症例により積極的に腹腔鏡による修復術を行っております。

※ポッツ法とは:小児の鼠径ヘルニア手術の代表的術式で、単純高位結紮と末梢ヘルニア嚢の開放を行います。
※テンションフリー手術とは:弱くなった筋肉にメッシュという人工の網(ポリプロピレン製)をあてて補強をします。術後の「つっぱり」感が少ない方法です。
※iliopubic tract repairとは:そけい部の筋肉を縫い縮めることで弱くなった筋肉の補強をします。

褥瘡(床ずれ)

寝たきりの患者さんの背中やかかとに褥瘡がみられることがよくあります。
外科的処置だけでなく栄養管理や体圧管理など、看護師、薬剤師、栄養士及び理学・作業療法士とチームを作り退院後の生活への支援を含めた全人的な医療を行っております。

上部消化管外科 (食道、胃及び十二指腸)

外科で扱う疾患としては食道癌、食道裂孔ヘルニア、食道アカラジア、胃癌、GIST(粘膜下腫瘍)、胃・十二指腸潰瘍穿孔、十二指腸乳頭部癌などがあります。
当院では適応を決めて、食道癌に対して、胸腔鏡・腹腔鏡手術、胃癌や胃粘膜下腫瘍には腹腔鏡下手術を行っております。

食道疾患

食道がん

食道がんの標準治療は、手術、抗癌剤治療、放射線治療を組み合わせた集学的治療が一般的です。
当科では「食道がん治療ガイドライン」に準拠し、病気の進行度に合わせた、最も適した治療法を選択しております。

手術

早期がんに対しては、消化器内科と連携し内視鏡的粘膜切除術を行い、内視鏡治療の適応とならない早期がんや進行がんには開胸、開腹手術だけではなく、胸腔鏡・腹腔鏡手術を積極的に行っております。
胸腔鏡・腹腔鏡手術は、従来の開胸・開腹手術と比べて、患者さんへの侵襲が少なく、早期回復が利点であり、今後益々発展する術式と思われます。
当科では根治性と低浸襲性の両立を目標に、患者さんにとって最善の治療を目指しております。

※低侵襲とは:手術に伴う痛み、出血などをできるだけ少なくするため、体に対する侵襲度が低い内視鏡医療機器を用いた医療のこと。患者さんの体への負担が少なく、回復も早くなる。

化学療法

術前・術後の補助化学療法ならびに切除不能食道癌に対する化学療法を、入院あるいは外来で行っております。

放射線治療

近隣の放射線治療施設と提携し、放射線治療単独あるいは放射線化学療法を行っております。

緩和ケア

外科だけではなく、緩和ケア認定看護師、薬剤師、栄養士などによる緩和ケアチームによる介入を行い、患者さんにとって最善の緩和ケアを目指しております。

良性疾患

粘膜下腫瘍や食道裂孔ヘルニア、食道アカラシアなどの良性疾患に対する外科治療も行っております。
症例に応じて積極的に胸腔鏡・腹腔鏡手術を行っておりますのでお気軽にご相談ください。

※食道アカラシアとは:食道から胃に移行する部分、すなわち食道胃接合部が嚥下(えんげ)(飲みくだす)によっても弛緩(しかん)しないため、食道が拡張する病気です。

胃・十二指腸疾患

胃がん

手術

胃がんに対しては「胃がん治療ガイドライン」に準拠した治療を行っており、早期がんは、消化器内科と連携し内視鏡的粘膜切除術(EMR)、内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)を行い、また内視鏡切除の適応とならない早期がん症例に対しては、腹腔鏡(補助下)胃切除術を積極的に行っております。
進行がんでは開腹手術をがんの進行状況に応じて選択しております。
開腹手術においても、個々の患者さんに応じて縮小手術、機能温存手術、拡大根治術を選択し、根治性と低侵襲性の両立を目標に患者さんにとって最善な手術を目指しております。

化学療法

術前・術後の補助化学療法ならびに切除不能食道癌に対する化学療法を、入院あるいは外来で行っております。

緩和ケア

外科だけではなく、緩和ケア認定看護師、薬剤師、栄養士などによる緩和ケアチームによる介入を行い、患者さんにとって最善の緩和ケアを目指しております。

良性疾患など

胃粘膜下腫瘍や胃・十二指腸潰瘍などの良性疾患に対する外科治療も行っております。
症例に応じて積極的に腹腔鏡・胃内手術を行っておりますのでお気軽にご相談ください。

下部消化管外科 (小腸、大腸、直腸及び肛門)

外科で扱う疾患としては腸閉塞、小腸癌、急性虫垂炎、結腸・直腸癌、大腸穿孔、痔核(いぼぢ)・裂肛(きれぢ)・痔瘻(あなじ)などです。
比較的小さな結腸、直腸癌には腹腔鏡手術を行い、痛みや苦痛を最小限度にとどめています。
肝臓、肺に転移のある場合、治すことを目指して抗がん剤を用いた積極的な治療を行っています。

小腸疾患

小腸の良性疾患(出血など)や悪性疾患(小腸癌)を扱っています。
これらの疾患においては積極的に腹腔鏡手術を行っています。
腸閉塞症に対してはイレウス管による減圧治療のような保存的治療(切らない治療)から腹腔鏡下での手術治療まで幅広く行っています。
また偽性腸閉塞症の治療も積極的に行っております。

大腸疾患

結腸・直腸癌や炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎及びクローン病)の手術を行っています。
結腸・直腸癌においては適応を決め腹腔鏡手術を行い、痛みや苦痛を最小限度にとどめています。
肝転移や腹膜播種を伴う症例でも合併切除やラジオ波焼灼を併用し根治性を高める手術を行います。
術後の抗癌剤治療や人工肛門のケアにおいてはそれぞれの専門看護師と協力し患者さんのQOLを考慮したフォローを行っています。
炎症性腸疾患の治療においては消化器内科とディスカッションしながら患者さんにもっともふさわしい治療を選択しています。
他には虫垂炎や大腸穿孔など緊急性の高い手術も行っていますが、特に虫垂炎では腹腔鏡手術の適応を広げています。

※QOLとは:Quality of Life(生活の質)という意味の略語です。病気や障害を持ちながら、どれだけの生活の質を保つことが出来るかを考えております。

肛門疾患

痔核(いぼぢ)・裂肛(きれぢ)・痔瘻(あなじ)・肛門周囲膿瘍・肛門狭窄などを扱っています。
特に痔核に関しては根治手術のほか、患者さんのニーズに合わせて切らない治療(四段階注射法)も行っています。

肝胆膵外科(肝臓、膵臓、胆嚢)

胆石症、胆嚢腺筋症など良性胆道疾患をはじめ肝臓癌、胆管癌、胆嚢癌、膵臓癌の悪性疾患を含め肝胆膵領域の多岐にわたる疾患に対して診療を行っています。
がんの中でも治りにくい領域ですが、CT、MRI、PET検査などによる正確な進行度診断をもとにした積極的な外科的切除を中心に、化学療法、ラジオ波焼灼術、肝動脈塞栓療法など手術以外の治療法も行い、患者さんのQOLに配慮した集学的治療を行っています。

※QOLとは:Quality of Life(生活の質)という意味の略語です。病気や障害を持ちながら、どれだけの生活の質を保つことが出来るかを考えております。

肝胆膵の解剖

肝臓疾患

肝臓の悪性腫瘍とは・・・

原発性肝癌:肝細胞癌(95%)、肝内胆管癌(5%)
転移性肝癌:食道癌、胃癌、膵癌、大腸癌などが血液にのって肝臓に転移してきます。手術適応になるのは、ほとんどが大腸癌です。

肝細胞癌

  • 原因:約70%がC型肝炎、約15%がB型肝炎。肝細胞癌の約85%に肝硬変が合併しています。
  • 症状:倦怠感、食欲不振、黄疸、腹水等、慢性肝障害による症状が主体で肝細胞癌自体の特徴的症状はほとんどありません。
  • 診断:画像診断(CT、超音波、MRI)血液検査(腫瘍マーカー:AFP、PIVKA-II)

肝臓がんの治療

肝臓癌に関しては癌の進行度、肝臓の機能と安全性を考慮し、肝切除を中心に、局所療法(ラジオ波焼灼療法)、肝動脈塞栓化学療法などから最適な治療法を選択しています。

腹部CT検査所見

ラジオ波焼灼療法

肝動脈塞栓化学療法(TACE)

がん細胞は肝動脈から栄養を摂取して増殖していきます。したがって、この肝動脈をふさいでしまうと増殖することができずに壊死することになります。
肝動脈をふさぐには、太ももの付け根の血管(動脈)からカテーテルを挿入して肝動脈へ導き、がん細胞に栄養を与えている動脈に血管をふさぐための物質(塞栓物質)を流し込みます。このときに、抗がん剤を注入することが一般的です。

胆嚢疾患

胆石とは・・・

胆嚢の中にできた石を胆嚢結石、胆管にできた石を胆管結石(総胆管結石)、肝臓の中の胆管にできた石を肝内結石といいます。

日本人の胆石保有率は年々増加しており、現在では日本人成人の10人に1人は胆石をもっているとされています。
胆嚢に結石があっても80%の人が無症状で症状が出るのは20%程度です。
結石が胆嚢の出入り口をふさいだり胆嚢管に詰まったりして、胆汁の流れを妨げると症状が起こります。

胆嚢結石の症状

脂肪分の多い食物をとったあとにみぞおちから右肋骨の下あたりの痛みで、背中や右肩のコリや痛みを伴うことがあります。
その状態で胆嚢内に細菌が感染すると急性胆嚢炎となり、高熱を出します。

腹部CTスキャン(冠状面)

胆のう結石症、胆嚢ポリープ、総胆管結石症の治療

胆石症や胆嚢ポリープに対しては体への負担が少ない腹腔鏡下手術を第一選択としています。
総胆管結石を伴っている場合は、手術前に内視鏡での総胆管結石の採石を施行しています。

腹腔鏡下胆嚢摘出術

膵臓疾患

膵癌とは・・・

膵癌は、消化器癌のなかで最も予後不良のがんです。
予後不良の原因としては、後腹膜臓器であるため症状が出づらく早期発見が困難であること。
悪性度が高く2cm以下の小さな癌であってもすぐに周囲の血管、胆管、神経への浸潤やリンパ節や肝臓などへ転移を伴うことが多いからです。

膵癌の症状

初期には無症状のことが多い病気です。
膵頭部癌では、黄疸、灰白色便が特徴のある症状です。
膵管が閉塞すると膵炎を起こしたり、内分泌機能低下で糖尿病になって発見される場合もあります。
膵体部や尾部に発生したがんは、さらに症状が出づらい場合があります。

膵癌の治療

膵癌に対しては積極的に手術を行っております。必要に応じて門脈合併切除も行います。
また癌の進行度、年齢、全身状態等を考慮して化学療法も行っています。

内視鏡外科(胸腔鏡・腹腔鏡下手術)

食道癌

内視鏡治療の適応とならない早期がんや進行がんには開胸、開腹手術だけではなく、胸腔鏡・腹腔鏡手術を積極的に行っております。
胸腔鏡・腹腔鏡手術は、従来の開胸・開腹手術と比べて、患者さんへの侵襲が少なく、早期回復が利点です。

食道良性疾患

粘膜下腫瘍や食道裂孔ヘルニア、食道アカラシアなどの良性疾患は、症例に応じて積極的に胸腔鏡・腹腔鏡手術を行っておりますのでお気軽にご相談ください。

胃癌

内視鏡切除の適応とならない早期がん症例に対しては、腹腔鏡(補助下)胃切除術を積極的に行っております。

胃良性疾患

胃粘膜下腫瘍など、症例に応じて積極的に腹腔鏡手術や胃内手術を行っておりますのでお気軽にご相談ください。

大腸癌

結腸・直腸癌においては適応を決め腹腔鏡手術を行い、痛みや苦痛を最小限度にとどめています。

大腸良性疾患

急性虫垂炎、大腸憩室症など、症例に応じて積極的に腹腔鏡手術を行っておりますのでお気軽にご相談ください。

胆石症

原則、4孔による腹腔鏡による胆嚢摘出術を行っております。
症例、患者さんのご希望に応じて単孔式(お臍のキズのみ)の腹腔鏡手術を行っております。

鼠径ヘルニア

症例、患者さんのご希望に応じてメッシュ(人工膜)を用いたテンションフリー手術を腹腔鏡手術で行っております。
傷も目立たず、術後の腫れも少ない方法です。

※テンションフリー手術とは:弱くなった筋肉にメッシュという人工の網(ポリプロピレン製)をあてて補強をします。 術後の「つっぱり」感が少ない方法です。

乳腺・甲状腺・下肢静脈外科

乳腺外科

乳房の全ての病気を対象としています。乳癌、乳房良性疾患、乳房炎症疾患の診断と治療を行っています。
ハイエンド超音波、マンモグラフィー、MRI等の精密検査と生検による迅速な診断をしています。
乳癌手術は、可能な限り乳房温存手術を行い、不必要な腋窩リンパ節郭清(手術で乳房周囲のリンパ節をきれいに取り除くこと)を省くためにセンチネルリンパ節生検を取り入れております。
年間約50例の乳癌手術を行っています。
当科はさいたま市の乳がん健康診査実施医療機関です。
市の乳がん検診を当院で受けていただいて異常が見つかればそのまま精密検査を行い、スムーズかつ迅速に手術など治療を受けられる、さいたま市では数少ない乳がん専門施設です。

甲状腺外科

頸部疾患に関して診断治療を行っております。
初診時に必ず超音波検査を行い、必要があれば穿刺吸引細胞診まで行い診断の迅速化に努めています。
甲状腺腫瘍に関しては、手術だけでなくエタノール注入など個々の病状に合わせた低侵襲治療も行っております。

下肢静脈外科

下肢静脈瘤、深部静脈血栓症、浮腫の診断治療を行っております。
下肢静脈瘤は年間約100例弱の手術を行っております。状態に合わせて入院、日帰りでの手術を行っております。
手術以外の治療法もありますので、お気軽にご相談ください。

医師

塩谷 猛

副院長
日本医科大学連携教授
日本外科学会指導医・専門医・認定医
日本消化器外科学会指導医・専門医・認定医
日本大腸肛門病学会指導医・専門医
日本消化器病学会指導医・専門医

日本消化器内視鏡学会専門医

日本肝臓学会肝臓専門医

日本がん治療認定医機構がん治療認定医・教育医

日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医

ICD(インタフェクション・コントロール・ドクター)

日本臨床外科学会評議員

日本消化器病学会関東支部評議員

日本肝胆膵外科学会評議員 
臨床研修指導医

山田 太郎

乳腺・内分泌外科科長
日本外科学会専門医・認定医
検診マンモグラフィ読影認定医

下肢静脈瘤に対する血管内レーザー焼灼術の実施基準による実施医

南部 弘太郎

肝胆膵外科科長
日本外科学会専門医・認定医
日本消化器外科学会指導医・専門医

日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医

日本肝胆膵外科学会評議員
臨床研修指導医

渡邉 善正

下部消化管外科科長
日本外科学会外科専門医・認定医
日本消化器内視鏡学会専門医

小峯 修

上部消化管外科科長
日本外科学会指導医・専門医・認定医

日本内視鏡外科学会技術認定医

日本消化器外科学会専門医
日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医
日本消化器内視鏡学会指導医・専門医
日本消化器病学会専門医

日本消化管学会胃腸科専門医・暫定胃腸科指導医

日本食道学会認定医・評議員
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
臨床研修指導医

渋谷 肇

一般外科科長
日本外科学会外科専門医

臨床研修指導医

福島 慶久

外科医員