教育体制

教育体制について

当センターでは、継続的教育として、「クリニカルラダーシステム」を導入し、「質の高い看護師の養成」「看護職員の能力開発の支援」「看護管理者の育成」を行っています。
ジェネラリストの養成とともに、スペシャリストの養成のための支援も積極的におこなっています。

教育目標

  さいたま市民医療センター

1.専門職として自立と自覚を養い、人間として成長できる
2.豊かな感性と人間性を持ち、患者の人権を尊重した看護を実践できる
3.主体的に学習する態度を身につけ、根拠に基づいた臨床判断ができる能力を育成する

看護部 教育体系

 

クリニカルラダーシステム

臨床看護実践能力の指標とひとりひとりの看護師が、自主的な成長への意欲とキャリア開発の動機付けになることを目的に、ラダー方式による段階別現任教育を実施しています。
レベルⅠ~レベルⅤの5段階とし、それぞれの段階においての、看護実践能力・教育研究能力・管理能力・倫理人間関係能力の向上を目標とし、1年1年ステップアップできる能力開発を支援します。5年以上の看護師は、専門看護師・認定看護師・管理職への道を目指すことができます。

新人看護師研修

新人看護師が1年間で習得すべき臨床に必要な知識・技術及び社会人・専門職としての態度を身につけ、安全に看護ケアができる事を目指しています。

 

新人到達目標
1)社会人、組織人としての自覚を持ち、責任ある行動がとれる
2)看護基準・手順に基づき、指導を受けながら基礎看護技術が安全・確実にできる
3)部署の特殊性や業務内容及びメンバーとしての役割が理解できる
4)受持ち看護師としての役割の指導を受けながら実践できる

 

 

年間新人研修計画はこちらをクリックしてください。(PDF)

長期研修制度

さまざまな分野での能力開発のための、サポート体制が充実しています。

1)長期研修制度
    専門看護師・認定看護師教育課程
    管理認定看護師教育課程(ファーストレベル・セカンドレベル・サードレベル)
    実習指導者講習会

2)各種研修
    安全管理研修
    ICLS・ISLS研修
    資格取得のための各種養成研修