外来紹介

当院における外来看護は外来診察部門(内科、外科、耳鼻科、泌尿器科)と中央処置室、救急外来、小児科外来、内視鏡(放射線科含む)、血管造影室、と多岐にわたり専門的な技術で看護を提供しています。

小児科外来では、様々な発達段階にあるお子様とご家族に寄り添った看護を提供しています。育児中のママナースも多いので患者支援に役立っています。

救急外来では、2次救急に対応したチーム医療で患者を救う充実感を実感できます。

中央処置室では、安心、安全をモットーに、採血、輸血、化学療法等を行っています。初めて関わる処置でも、スタッフのサポートがあるので安心して学んでいけます。

外来診療部門では、内科、外科、泌尿器科、耳鼻科を含め専門的な処置、検査に携わっています。「報・連・相」をモットーに病院の顔として笑顔で患者さんに接しています。

内視鏡全般、気管支鏡、ERCPやESD等の治療内視鏡も行われています。内視鏡技師会の勉強会にも出席し技術の向上に努めています。

新人スタッフより

外来 倉持 優
育休後、3人のママとなり外来復帰となりました。
バタバタした朝から始まり、1日が「あっと」いう間に過ぎていきます。
救急外来は、成人、小児と救急対応に追われ多忙な毎日ですが、勤務中が私の唯一の時間です。復帰した私をスタッフの皆さんは優しく、快く迎えてくれました。
家族の協力を得て仕事をしていますが、以前より、子供と過ごせる時間が大切であり、仕事が終わって子供の顔を見るのが楽しみです。