参考図書のご紹介

当センター職員の活躍の一端をご紹介することを目的として、当センター職員が執筆を手掛けた書籍を参考図書として簡単にご紹介します。

詳細につきましては各紹介文中に記載されている出版社のホームページなどをご確認ください。

心電図教えてノート

石田岳史 監修、冨田晴樹・富永あや子 著

中外医学社 2015年4月

当センターの石田岳史副院長が監修、冨田晴樹看護係長・富永あや子臨床工学科科長補佐が執筆しております。

当センターの代表的な医療安全の取り組みとして「MACT(Monitor Alarm Control Team)」があります。
その取り組みのツールの一つとして「心電図教えてノート」があります。
これは、心電図に関するノート形式の手引書で、スタッフが気になる心電図波形やわからなかった心電図波形を専用シートに貼り付け、それに対してMACTが解答を添えてノートに戻し活用しています。

今回その「心電図教えてノート」の実際の中身およびMACTのノウハウを凝縮したものが書籍版「心電図教えてノート」として出版されました。

安全な心電図モニター管理を院内で統一するためにはどのようなアプローチするのが有効であるかを、当センターのMACT活動で得られた多くの情報を基に紹介しています。