ホーム > MACTのご紹介

MACT(Monitor Alarm Control Team)のご紹介

・発足経緯
・メンバー構成
・活動内容
・医療関係者の皆様へ



発足経緯

全国的に心電図モニタのアラームに関連した医療事故報道は後を絶ちません。
最近の報道においても、患者様の生命に関わる事例が数件発信されております。
当院ではこうした問題を根本的に解決するために、2012年4月「さいたま市民モニタアラームコントロールチーム(MACT)」を院長直下組織として発足しました。
MACTは多職種により構成される職種横断的なチームで、それぞれの職種が専門的知識を活用して活動しています。



メンバー構成

診療部長(医師)、外科医、循環器内科 看護係長、看護師、臨床検査技師、理学療法士、臨床工学技士、安全管理室課長、経営企画課 課長補佐、看護部 事務員と多職種で構成されています。



活動内容

●心電図モニタラウンド
心電図モニタ装着の妥当性、アラーム設定、適切な誘導についてのアドバイスをMACTラウンドにて行っています。



●マルチスレーブモニタシステム
病棟内随所で心電図モニタ波形が確認できるモニタシステムを2013年3月に4階南病棟、2014年11月に4階北病棟、2015年11月に2階南病棟で導入。病棟内全てのスタッフが患者様の変化に素早く対応できるようになりました。



●心電図教えてノート
心電図に関するノート形式の手引書を制作し活用しています。
スタッフが気になる心電図波形、わからなかった心電図波形を専用シートに貼り付けます。それに対してMACTが解答を添えてノートに戻し活用しています。
※この「心電図教えてノート」は書籍化されました。



●院内教育
新人研修で心電図や心電図モニタの勉強会を行い知識の向上をはかっています。
看護部教育委員会と共同で心電図モニタに関する院内勉強会を年4回行っています。



●MACT newsletter
MACTの活動等をnewsletterとして月1回発行しています。



●院外活動
学会やセミナーに積極的に参加し、当院のMACT活動を発表しています。

【論文】
石田岳史:
IPWによる循環器チーム医療の実践.
心臓リハビリテーション2015;20(1):135-140.
富永あや子.冨田晴樹.石田岳史:
チームで取り組む心電図モニタの安全管理
日本プライマリ・ケア連合学会誌 2015,vol.38,no.4,p.1-3

【学会発表】
冨田晴樹.富永あや子.石田岳史:
『心電図アラームに対応できる環境づくり~モニター管理WGを立ち上げて~』

第77回日本循環器学会学術集会 2013年3月15~17日
富永あや子.後藤悟.冨田晴樹.石田岳史:
『心電図モニターのアラーム管理~さいたま市民MACTを立ち上げて~』

第23回日本臨床工学会 2013年5月18~19日
小久保徹.岡和博.大熊克信.五味川右.冨田晴樹.富永あや子.石田岳史:
『Monitor Alarm Control Teamにおける理学療法士としての活動』

第32回関東甲信越ブロック理学療法士学会 2013年11月2~3日
富永あや子.冨田晴樹.石田岳史:
『チームで取り組む心電図モニタの安全管理』

第8回医療の質・安全学会 2013年11月23~24日
石田岳史:
『多職種協働医療の教育と実践』

第17回 日本心不全学会学術集会 2013年11月30日 埼玉
冨田晴樹.富永あや子.石田岳史:
『チームで取り組む心電図モニタ管理 ~MACT活動の成果~』

第17回日本心不全学会学術集会 2013年11月28~30日
富永あや子.後藤悟.冨田晴樹.石田岳史:
『モニタアラームコントロールチーム医師が介入するラウンドの効果』

第24回日本臨床工学会 2014年5月10~11日
石田岳史:
『IPWによる循環器チーム医療の実践』

第2回 阪神循環器チーム医療研究会 2014年5月15日 兵庫
石田岳史:
IPWによる循環器チーム医療の実践.
第20回 日本心臓リハビリテーション学会学術集会 2014年7月19日 京都
冨田晴樹、富永あや子、石田岳史:
「チームで取り組む心電図モニタ管理と心臓リハビリテーションの効果」
第20回日本心臓リハビリテーション学会学術集会 2014年7月19日 京都
富永あや子、冨田晴樹、石田岳史:
「モニタアラームコントロール医師が介入するラウンドの効果」
第9回医療の質・安全学会 2014年11月22~23日 千葉
冨田晴樹、富永あや子、三浦美智枝、石田岳史:
「チームで取り組む心電図モニタの安全管理」
日本医療マネージメント学会第4回埼玉支部学術集会  2015年3月15日 埼玉
富永あや子、冨田晴樹、石田岳史:
「12誘導心電図は心電図モニタ誘導決定にいかに寄与できるか」
第79回日本循環器学会学術集会 2015年4月25~26日 大阪
富永あや子、冨田晴樹、石田岳史:
「テクニカルアラームに対する現状調査」
第25回日本臨床工学会 2015年5月23~24日 福岡
富永あや子.冨田晴樹.石田岳史:
「心電図モニタ運用におけるチーム医療とコンフリクト・マネジメントの実践」
第63回日本心臓病学会学術集会 2015年9月18~20日
冨田晴樹.富永あや子.石田岳史:
「アサーティブ・コミュニケーションを取り入れた心電図モニタの安全管理」
第52回日本臨床生理学会総会 2015年10月31日~11月1日 埼玉
富永あや子.冨田晴樹.石田岳史:
「心電図モニタにおける偽アラームとその対策」
第10回医療の質・安全学会 2015年11月22~23日 千葉
佐藤文香.森茂亮一.内海純子:
「小児領域におけるNASA誘導法を用いた偽アラーム減少への検討」
第23回埼玉看護研究学会 2016年1月23日 埼玉

【セミナー】
冨田晴樹:
平成25年度 第1回 検査・処置・手術安全セミナー「適切なアラームへの反応』

【講演】
富永あや子:
『チームで取り組むMACT活動の効果』

平成25年度第2回検査・処置・手術安全セミナー「適切なアラームへの対応」 2014年2月6日
石田岳史:
『循環器入院医療の質向上をめざして さいたま市民MACT(monitor alarm control team)活動』

第21回さいたま循環器病勉強会 2014年5月28日
石田岳史:
『中規模地域支援病院における内科体制の構築』

医療機関の働きやすい環境づくり 厚生労働省主催シンポジウム 2014年6月22日 東京
石田岳史、冨田晴樹、富永あや子:
「IPWで取り組む心電図モニターの安全管理-さいたま市民MACT(monitor alarm control team)活動-」
自治医科大学付属さいたま医療センター 2015年2月5日

【書籍】
石田岳史、冨田晴樹、富永あや子:
「心電図教えてノート ーチームでモニター事故を予防する!-」
中外医学社 2014年4月

【雑誌】
富永あや子:
「モニタアラームコントロールチームによる心電図モニタ管理と効果」
患者安全推進ジャーナル6月号

今後も積極的な院内外の活動を継続していく予定です!



医療関係者の皆様へ


MACT活動においてご質問やご見学のご希望がありましたら、下記までお気軽にお問い合わせください!

連絡先】
 病院代表電話:048-626-0011

   臨床工学科(担当:富永)
   医療安全管理室(担当:冨田)

 Eメール:scmc.mact@gmail.com