入院のご案内(入院・お見舞いされる方へ)

入院される患者さん(ご家族)の皆さまへ

当センターでは、入院された患者さんが安心して治療に専念できますよう、精一杯お手伝いさせていただきます。

何か不自由を感じることがございましたら、遠慮なくお申し出ください。

入院される患者さんには、安全で質の高い医療、看護を提供するため次のことをお守りください。

  • 医師や看護師などからの指示を必ずお守りになり、治療に専念してください。
  • 患者さん自身の健康に関する情報を正確に病院へ伝えてください。
  • 他の患者さんの迷惑になることのないよう、ご協力ください。
  • ご入院中のお食事は治療上制限される場合があります。医師の許可を得ていない持ち込み食はご遠慮ください。
  • アレルギーや誤嚥による事故を防ぐため、他の患者さんへのお菓子等の差し入れもご遠慮ください。

入院時にお持ちいただくもの

必要な書類

  • 紹介状
  • 入院契約書(入院申込時にお渡しいたします)
  • 診察券
  • 印鑑
  • 健康保険証(高齢者受給者証等・小児の場合は母子手帳)

日用品

  • ねまき(パジャマ)、下着類(出来れば前開き)をご用意ください。
    ※当センターでもレンタル品を取り扱っております。(寝衣、タオル、おむつ(成人のみ))
  • 履物(シューズ、スリッパ)、タオル、ティッシュ、洗面道具、イヤホン、ひげそり等

お薬・お薬手帳

かかりつけ医から処方されているお薬がありましたらお持ちください。

入院中の生活について

付き添い

  • 入院中の看護は看護師が致しますので、付き添いの必要はありません。
  • 患者さんの症状、その他特別の理由にて主治医が認めた場合は付き添うことができます。

面会

  • 月~土曜 午後1時から午後8時、日・祝祭日 午前10時から午後8時まで。
    ※面会時は病室入口にある消毒薬にて手指を消毒してください。
  • 入退院受付(時間外および日・祭は警備室)にて受付票ご記入の後、入館証をお受け取りください。
  • 12歳以下のお子さんのご面会はご遠慮ください。
  • 面会者の病室でのご飲食はご遠慮ください。

食事

  • 朝食時間 午前8時  昼食 正午  夕食 午後6時
  • お食事はすべてセンターでご用意致します。
    ※お箸や湯呑などはお食事についております。
  • 持ち込み食はご遠慮ください。

外出・外泊

主治医の許可が必要ですので、看護師にお申し出ください。

その他

  • テレビや冷蔵庫はベッド脇に設置しております。
    ご利用はプリペイドカードとなっており、エレベーター横に販売機を設置しております。
  • 洗濯物は基本的にご自宅へお持ち帰りください。
    ランドリーをご利用される場合は有料となり、プリペイドカードを使用します。
    ランドリーは2階と5階にございます。
  • 消灯時間は、午後10時とさせていただいております。
  • 売店(ファミリーマート)は1階エントランス横となります。
  • 飲み物の自動販売機は各フロア中央にございます。
  • 症状により病室を移動して頂くことがございます。
  • 携帯電話のご利用は、所定の場所でお願い致します。

実習生の受け入れについて

看護学生の実習について

当センターは看護実習指定病院になっており、看護学生の実習をお願いさせていただくことがございます。
看護学生の教育にご協力お願い致します。

室料差額ベッドについて

入院費の計算は、健康保険の定めによりホテル等の宿泊計算とは異なります。
午前0時を起点に日数計算を行います。
(1泊2日の場合、入院料・室料差額は2日分で計算することとなります)

  • 特別室 21,600円
  • A個室 10,800円
  • B個室 5,400円
  • C個室 3,240円

退院について

退院は原則的に主治医の診断で決まります。
退院が決まりましたら「退院連絡票」をお渡ししますので、1階会計窓口または自動精算機にてお支払いを済ませ、領収書を病棟スタッフステーションへご提示ください。

医療福祉相談について

入院・外来を問わず、病気や障害に伴う様々なご相談をお受けしております。

相談時間 月曜日から土曜日 午前8時30分 から 午後5時30分
     (日・祝祭日、年末年始を除く)

医療ソーシャルワーカーが医療費の支払いや退院後の生活、介護保険制度などのご相談をお受けております。相談をご希望される方は、患者支援窓口にお越しください。