オプトアウト

 

オプトアウトについて

臨床研究のうち観察研究においては、たとえば患者さんへの侵襲や介入がなく、人体から取得された試料を用いず、診療情報などの情報のみを用いて行う研究については、国が定めた倫理指針に基づき必ずしも対象となる患者さんのお一人ずつから直接同意を得るとは限りません。しかし、研究の目的を含めて、研究の実施についての情報を通知または公開し、さらに可能な限り拒否の機会を保障することが必要とされています。

このような手法を「オプトアウト」といいます。

 

当院でオプトアウトを行っている臨床研究

当院でオプトアウトを行っている臨床研究は以下の通りです。

研究への協力を希望されない場合は、下記文書内に記載されている各研究の担当者までお知らせください。

 

診療科 研究課題名
内科 高齢心不全症例における栄養状態の影響に関する研究
小児科 食物経口負荷試験によるアナフィラキシーに関する調査
小児科 小児有熱性尿路感染症の疫学的研究
内科 当院で血管内再開通療法を受けた患者さんの診療に関する記録の利用について
放射線技術科 人工関節を置換された方のCT画像を診断精度を高めるための研究
内科 特定健康診査における低血糖有病率とリスク因子および心血管疾患への影響に関する研究
小児科 ヒト検体からのインフルエンザウィルス分離
外科 腸閉塞全国集計:腹腔鏡手術と癒着防止フィルムは腸閉塞を減少させたか?
皮膚科 皮膚・軟部組織感染症における毒素産生性黄色ブドウ球菌感染症の関与について
内科 AI(人工知能)による内視鏡自動診断(病変拾いあげ)システム実証研究
薬剤科 当センターにおける緩和ケアチームラウンドの現状と今後の課題
薬剤科 当センターにおける末期心不全患者における呼吸困難に対するオピオイド製剤使用実態調査
小児科 子ども主体の採血法の取り組みと効果 ‐抱っこ採血の取り組みとHPS支援‐
看護部手術室 局所麻酔投与ルーメン付き尿道カテーテルによる患者苦痛の緩和の有効性