内科

内科・救急総合診療科

副院長・内科診療部長   石 田 岳 史
 救急総合診療科科長   坪 井  謙

当科の特徴

超高齢社会における平均的な患者像は5〜6個の病名がつく高齢者であり、臓器別専門医を揃えた二次医療の提供だけでは地域ニーズに合わず、医療経済的にも成り立ちません。我々は2009年の開院時に2025年問題を見据え内科診療体制について調査し、内科のコンセプトを「救急総合診療と専門内科の融合」としました。あれから10年、市民に求められる内科診療を目指し、誇りをもって日々診療してきました。

当センターの内科系科長は全員臓器別専門医資格とホスピタリスト(病院総合医)としてのスキルを併せ持ち、救急医療や地域医療のみならず、医学教育や臨床研究の研鑽も積んできました。「総合医マインド」という共通の土台があり、チームで内科全領域を診ることができる体制を構築しています。内視鏡治療、心血管カテーテルインターベンションや脳血管内治療などを積極的に実施し、また高齢者のデコンディショニングからの回復へ向けて、看護師・療法士などと共にinterprofessional work(多職種協働)の理念の元、包括的医療を実践しています。

今年度は自治医科大学附属さいたま医療センター腎臓内科 森下義幸教授のご協力により、腎臓内科を増設し、令和元年と同時に血液透析を開始しました。これまで約5,000台/年の救急搬送を受け入れてきましたが、急性腎不全や透析患者の急性疾患には対応出来ず、他の急性期病院にご迷惑をおかけしておりました。しかし、これからは当院で腎不全患者の医療が完結でき、内科診療の幅が広がります。

医療安全の視点からは、心電図モニターの安全管理の要であるMACT(Monitor Alarm Control Team)を構築し、看護師や臨床工学技士と共にモニタアラーム事故の防止にも取り組んできました。その取り組みをマニュアル化し、2015年4月に中外医学社から「心電図教えてノート」を発刊し、それらの実績は原著論文として記し、現在では青森から鹿児島まで、大学病院などの三次医療機関から見学していただけるまでになりました。今年は「心電図教えてノート」が重版決定しましたので、現在、それに向けて準備しております。

開院以来、続けてきたモーニングカンファレンス、毎月開催される医師会の先生方を交えたケーススタディも当院の文化として脈々と受け継がれています。地域医療支援病院を支える内科の見本となれるよう、今後も積極的に活動していきます。

活動実績

平成21年度の内科入院は1,683件でしたが、年々増加し平成30年度は3,267件と開院当初と比べて約2倍の実績となりました。一方、在院日数は徐々に短縮し、医療密度が高くなっていることがうかがえます。それに伴い医師数も22名(専攻医以上)まで増え、内科陣営を強化してきました。できるかぎり断らない医療を実践し、さいたま市の地域中核病院の一つとして認知されています。昨年までは当院の研修医、専修医はじめ自治医大附属さいたま医療センターからの派遣の医師で24時間体制の救急総合診療を実践していましたが、今年度からはさいたま赤十字病院・さいたま市立病院の専門医研修プログラムからの派遣もあり、横の繫がりの中で協力し合いながら、さいたま市を守ることができています。若手医師が昼夜を問わず「断らない医療」をモットーに全力で診療してくれた賜です。

平成29年度は基幹型研修病院に認定され、フルマッチしており、来年度は研修医の枠も4名に増員されました。また、埼玉医科大学、日本大学医学部の学部教育にも参画し、医学生、研修医、専修医、専門医で主治医団を構成し、豊富な症例を通して、屋根瓦方式でしっかりとした臨床能力を身につけ、医療と介護の橋渡しができる医師が育っています。また院内でICLS、ISLS、JMECC等のシミュレーション教育を定期的に主催し、他院からの受講も多く、生涯教育も充実させました。


平成30年度 内科入院 3,267例の内訳

今後の課題

診療実態をより明瞭化させる目的で、総合内科は平成28年度から救急総合診療科へ名称変更し、内科と救急の一体感を内外に示しています。超高齢社会、人生100年時代、そして2040年問題に対応しうる内科体制構築のためには、院内の垣根をなくすだけでなく、地域医療構想に基づいた病々連携と医介連携を速やかに推進しなければなりません。微力ながら、さいたま市西部地区から取り組んでいきたいと思います。

循環器科

循環器科科長  中 村 智 弘

当科の特徴

救急診療、病診連携を柱とし、循環器疾患に限らず、内科疾患全般に幅広く対応できるよう診療しています。 「丁寧な診療」を常に心がけ、地域の皆様に満足いただけるような診療を目標としています。また「若手医師の育成」「学術活動」に関しても力を注ぎ、活動していきたいと思います。
開院からの冠動脈インターベーション総数は1,000件を超えました。年々治療件数も増加していますが、診療の質を向上し、患者さんに満足していただけるような診療を継続して提供できるよう努めていきたいと思います。

 

活動実績

検査、治療の件数が増加していますが、診療の質が落ちないよう「丁寧な診療」を心がけています。 医師・看護師・検査に関わる技師・リハビリスタッフ・薬剤師と協力しながら、より良い医療を提供できるように取り組んでいます。

論文

  1. Yusuke Tamanaha, Tomohiro Nakamura, Takeshi Ishida, Yuji Shimada
    Periarteritis complicated with a pancreatic mass
    IHJ Cardiovascular Case Reports (CVCR). 2017: 1: 46-7.
  2. Tomohiro Nakamura, Yumiko Haraguchi, Ai Sasazaki, Kazuhiro Oka
    Effect of Footbath Therapy in Patients with Refractory Chronic Heart Failure
  3. 岡 和博、丸岡 弘、大熊 克信、五味川 右、中村 智弘、石田 岳史
    急性心筋梗塞患者の身体活動に関連する因子について−入院期諸因子と回復期身体活動との関連性−
    理学療法−臨床・研究・教育 24: 23-30, 2017.
  4. Takunori Tsukui, Tomohiro Nakamura, Takeshi Ishida, Shin-ichi Momomura
    Renal infarction in a patient with hyperhomocysteinemia
    Journal of General and Family Medicine 2016; 17: 1-4.
  5. Mitsunari Matsumoto, Yusuke Tamanaha,Yoshimasa Tsurumaki, Tomohiro Nakamura
    GuideLiner Catheter Use for Percutaneous Intervention Involving Anomalous Origin of a Single Coronary
    Trunk Arising from the Ascending Aorta.
    Journal of General and Family Medicine 2016; 17: 1-4.
  6. Tatsuro Ibe, Tomohiro Nakamura, Yousuke Taniguchi, Shin-ichi Momomura
    IgG4-related effusive constrictive pericarditis.
    European Heart Journal – Cardiovascular Imaging 2016;
    doi: 10.1093/ehjci/jew056.
  7. Ishii A, Sugawara H, Nokubi M, Nakamura T, Okochi T, Taniguchi Y, Matsuzawa M, Watanabe T, Kakei M,Fujimoto WY, Momomura S.
    Aortic intimal sarcoma contributes to Atherosclerotic renovascular hypertension: an autopsy case
    report and review of the literature.
    Intern Med 2016; 55: 755-764.
  8. 玉那覇 雄介、山本 慶、中村 智弘、須賀 幾
    ペースメーカー留置後に心膜液および胸水が貯留した1例
    Therapeutic Research Vol. 37, No 3, 2016
  9. Fujiwara T, Yoshida M, Akashi N, Yamada H, Tsukui T, Nakamura T, Sakakura K, Wada H, Arao K, Katayama T, Umemoto T, Funayama H, Sugawara Y, Mitsuhashi T, Kakei M, Momomura S, Ako J.
    Lower 1,5-anhydroglucitol is associated with adverse clinical events after percutaneous coronary
    intervention.
  10. Tomohiro Nakamura, Kohki Ishida, Yousuke Taniguchi, Tomu Nakagawa, Masaru Seguchi, Hiroshi Wada, Yoshitaka Sugawara, Hiroshi Funayama, Takeshi Mitsuhashi,Shin-ichi Momomura
    Prognosis of patients with fulminant myocarditis managed by peripheral venoarterial extracorporeal membranous oxygenation
    support: a retrospective single-center study
    J Intensive Care 2015; 3: 5
  11. Taniguchi Y, Funayama H, Matsuda J, Fujita K, Nakagawa T, Nakamura T, Umemoto T, Mitsuhashi T, Ako J, Momomura S.
    Super-selective intracoronary injection of Rho-kinase inhibitor relieves refractory coronary vasospasms:
    A case report
    Int J Cardiol 2014; 176: 270-1.
  12. Fujiwara T, Yoshida M, Yamada H, Tsukui T, Nakamura T, Sakakura K, Wada H, Arao K, Katayama T, Funayama H, Sugawara Y, Mitsuhashi T, Kakei M, Momomura S, Ako J.
    Lower 1,5-anhydroglucitol is associated with denovo coronary artery disease in patients at high cardiovascular
    risk.
  13. Fujiwara T, Yoshida M, Nakamura T, Sakakura K, Wada H, Arao K, Katayama T, Funayama H, Sugawara Y, Mitsuhashi T, Kakei M, Momomura S, Ako J.
    Dipeptidyl peptidase-4 inhibitors are associated with improved left ventricular diastolic function after
    acute myocardial infarction in diabetic patients.
    Heart Vessels. 2014 Apr 16.
  14. Nakamura T, Yamamoto S, Funayama H, Mitsuhashi T, Momomura S.
    Acute occlusion of the left internal mammary artery graft in the late postoperative period
    J Cardiol Cases 2014; 10: 51-3.
  15. Nakamura T, Miyazawa H, Ishida T, Shimada Y.
    Ventricular Tachycardia in a Patient with Gorlin Syndrome
    Intern Med 52: 831-832, 2013
  16. Nakamura T, Matsumoto M, Ishida T, Shimada Y.
    Internal mammary arteriovenous fistula treated with transcatheter embolization
    Intern Med 2012: 51; 2351-2353.
  17. Jinnouchi H, Sakakura K, Wada H, Kubo N, Sugawara Y, Nakamura T, Funayama H, Ako J, Momomura S.
    Transradial Percutaneous Coronary Intervention for Acute Myocardial Infarction Reduces CCU Stay in Patients 80 or Older.
    Int Heart J. 2012;53:79-84.
  18. Ugata Y, Nakamura T, Taniguchi Y, Ako J, Momomura S.
    Effect of postconditioning in patients with ST-elevation acute myocardial infarction
    Cardiovasc Interv and Ther 2012; 27: 14-18.
  19. Ogita M, Ako J, Sakakura K, Nakamura T, Funayama H, Sugawara Y, Kubo N, Momomura S.
    Distal reference segment luminal gain following percutaneous coronary intervention for chronic total occlusion.
    Int Heart J. 2011; 52: 270-3.
  20. Ogita M, Sakakura K, Nakamura T, Funayama H, Wada H, Naito R, Sugawara Y, Kubo N, Ako J, Momomura S.
    Association between deteriorated renal function and long-term clinical outcomes after percutaneous coronary intervention.
    Heart Vessels 2011; Aug 6.
  21. Tada Y, Nakamura T, Funayama H, Sugawara Y, Ako J, Ishikawa SE, Momomura S.
    Early development of hyponatremia implicates short- and long-term outcomes in ST-elevation acute myocardial infarction
    Circ J 2011; 75: 1927-33.
  22. Sakakura K, Kubo N, Ako J, Wada H, Fujiwara N,Funayama H, Ikeda N, Nakamura T, Sugawara Y, Yasu T,Kawakami M, Momomura S.
    Peak C-reactive protein level predicts long-term outcomes in type B acute aortic dissection.
    Hypertension. 2010; 55: 422-9.
  23. Yoshioka T, Funayama H, Hoshino H, Nakamura T, Sugawara Y, Kubo N, Nagata O, Ako J, Ishikawa SE, Kawakami M, Momomura S.
    Association of CD40 ligand levels in the culprit coronary arteries with subsequent prognosis of acute myocardial infarction.
    Atherosclerosis 2010; 213: 268-72.
  24. Nakamura T, Ogita M, Ako J, Momomura S.
    Gender Differences of Plaque Characteristics in Elderly Patients with Stable Angina Pectoris: an Intravascular Ultrasonic Radiofrequency Data Analysis
    International Journal of Vascular Medicine 2010 Jan 4
  25. Ugata Y, Nakamura T, Kobori T, Taniguchi Y, Ako J, Momomura S.
    Effects of postconditioning in patients with ST-elevation acute myocardial infarction
    Am J Cardiol 2010 Suppl 105(9A) 2B
  26. Hattori T, Sakakura K, Kubo N, Ako J, Sugawara Y, Funayama H, Matsuzaki S, Nakamura T, Hirahara T, Wada H, Kawakami M, Momomura S.
    Venous thrombus formation following percutaneous cardiopulmonary support.
    J Cardiol. 2009; 54: 490-3.
  27. Sakakura K, Kubo N, Ako J, Fujiwara N, Funayama H, Ikeda N, Nakamura T, Sugawara Y, Yasu T, Kawakami M, Momomura S.
    Determinants of long-term mortality in patients with type B acute aortic dissection
    Am J Hypertens. 2009; 22: 371-7.
  28. Ogita M, Funayama H, Nakamura T, Sakakura K, Sugawara Y, Kubo N, Ako J, Ishikawa SE, Momomura S.
    Plaque characterization of non-culprit lesions by virtual histology intravascular ultrasound in diabetic
    patients: Impact of renal function.
  29. Ogita M, Nakamura T, Fujiwara N, Sakakura K, Funayama H,Sugawara Y, Kubo N, Ako J, Momomura S.
    Long-term clinical follow-up after sirolimus-eluting stent versus bare metal stent implantation in patients with acute coronary syndrome.
    J Interv Cardiol. 2009; 22: 216-21.
  30. Nakamura T, Ako J, Kadowaki T, Funayama H, Sugawara Y,Kubo N, Momomura S.
    Impact of Acute Hyperglycemia during Primary Stent Implantation in Patients with ST-elevation Myocardial Infarction
    J Cardiol 2009;53: 272-7
  31. Nakamura T, Kubo N, Funayama H, Sugawara Y, Ako J,Momomura S.
    Plaque Characteristics of the Coronary Segment Proximal to the Culprit Lesion in Stable and Unstable Patients
  32. Nakamura T, Funayama H, Kubo N, Yasu T, Kawakami M, Momomura, S, Ishikawa S.
    Elevation of Plasma Placental Growth Factor in the Patients with Ischemic Cardiomyopathy
    Int J Cardiol 2009; 131: 186-191.
  33. Ikeda N, Yasu T, Kubo N, Nakamura T, Sugawara Y, Ueda S,Ishikawa SE, Saito M, Kawakami M, Momomura S.
    Daily exercise and bone marrow-derived CD34+/133+ cells after
    Circ J 2008; 72: 897-901.
  34. 中村 智弘、久保 典史、百村 伸一
    DES時代の急性冠症候群の治療:DESの安全性と有効性
    ICUとCCU 2007; 31 (11): 986-992
  35. 中村 智弘、荒尾 憲司郎、船山 大、久保 典史、百村 伸一
    DES時代における急性冠症候群に対するCobalt-chromium Alloy Stent (Driver™ステント)の有効性
    Jpn J Cardiovasc Cather Ther 2007; 7: 325-330
  36. Ikeda N, Yasu T, Nishikimi T, Nakamura T, Kubo N, Kawakami M, Momomura S, Saito M.
    N-terminal pro-atrial natriuretic peptide and exercise prescription in patients with myocardial infarction.
    Regul Pept 2007; 141: 154-8.
  37. Nakamura T, Kubo N, Ako J, Momomura S.
    Angiographic no-reflow phenomenon and plaque characteristics by Virtual Histology intravascular
    ultrasound in patients with acute myocardial infarction
  38. Nakamura T, Funayama H, Kubo N, Yasu T, Kawakami M, Saito M, Momomura S, Ishikawa S.
    Association of hyperadiponectinemia with severity of ventricular dysfunction in congestive heart failure
  39. Nakamura T, Funayama H, Yoshimura A, Tsuruya Y, Saito M, Kawakami M, Ishikawa S.
    Possible vascular role of increased plasma ariginine vasopressin in congestive heart failure.
    Int J Cardiol 2005; 106: 191-195.
  40. Nakamura T, Sugawara Y, Ishida T, Ikeda N, Funayama H,Yasu T, Kubo N, Fujii M, Kawakami M, Takanashi S, Saito M.
    Recurrent cardiogenic shock caused by dynamic mitral regurgitation in a patient with hypertrophic obstructive cardiomyopathy: A case report
    J Cardiol 2005; 45(3): 129-133.
  41. Kawano T, Saito T, Yasu T, Nakamura T, Saito T, Namai K, Kasono K, Tamemoto H, Kawakami M, Saito M, Ishikawa S.
    Close association of hypoadiponectinemia with arteriosclerosis obliteans and ischemic heart disease.
    Metabolism 2005 ; 54 : 653-656.
  42. Takanori Yasu, Toshio Nishikimi, Nobuhiko Kobayashi, Nahoko Ikeda, Hiroto Ueba, Tomohiro Nakamura, Hiroshi Funayama, Norifumi Kubo, Masanobu Kawakami,Hiroaki Matsuoka, Kenji Kangawa, Muneyasu Saito.
    Up-regulated Synthesis of Mature-type Adrenomedullin in Coronary Circulation Immediately After Reperfusion in Patients With Anterior Acute Myocardial Infarction
    Regulatory Peptides 2005; 129: 161-166
  43. Hiroshi Funayama, Tomohiro Nakamura, Takako Saito, Akio Yoshimura, Muneyasu Saito, Masanobu Kawakami, San-e Ishikawa.
    Urinary Excretion of Aquaporin-2 Water Channel Exaggerated Dependent upon Vasopressin in Congestive Heart Failure
    Kidney Int 2004; 66: 1387-1392
  44. Tomohiro Nakamura, Norifumi Kubo, Yuichi Seki, Nahoko Ikeda, Takeshi Ishida, Hiroshi Funayama, Shigemasa Hashimoto, Takanori Yasu, Mikihisa Fujii,Masanobu Kawakami, Muneyasu Saito.
    Effects of a Distal Protection Device During Primary Stenting in Patients with Acute Anterior Myocardial Infarction
    Circ J 2004; 68: 763-768.

呼吸器科

呼吸器科科長  松 本 建 志

当科の特徴

肺がんを初めとした腫瘍性疾患、肺炎などの感染性疾患、気管支喘息やアレルギー疾患、間質性肺疾患、COPDなど、気胸、その他希少なびまん性肺疾患などを対象にしています。当院においては、総合内科スタッフ、各科スタッフと協力しながら、呼吸器疾患のみならず、全身疾患の肺病変にも対応しています。

治療においては、個々の症例にとって最適な標準的治療を確実に行うことを目標にしています。各種疾患のガイドラインを基礎に、個々の患者さんの病状に合わせた最適の治療を行うように心がけています。

肺炎、気胸、喘息などの日常診療で遭遇する呼吸器疾患に関しては、救急総合診療科の先生方にも多くの患者様の診療に当たっていただいています。

活動実績

呼吸器疾患による総入院件数(平成30年4月~平成31年3月) 673件

 主な病名

  • 細菌性肺炎    198名
  • 肺癌       106名
  • 誤嚥性肺炎    104名
  • 間質性肺炎    41名
  • 慢性閉塞性肺疾患 30名
  • 気管支喘息    22名
  • 自然気胸     20名

気管支鏡実施件数(平成30年4月~平成31年3月) 148名

  • 気管支鏡検査   144名
  • 気管支鏡治療     4名

消化器科

消化器科科長  新 畑 博 英

当科の特徴

当科は、地域のニーズに応えるべく、消化管疾患および肝胆膵疾患の消化器全領域にわたり診療を行っています。提供する医療水準としては、基本的に国内学会の診療ガイドラインに準拠したevidenceに基づく診療を常に心掛けています。吐下血や閉塞性黄疸等の緊急処置を要する患者様に対しては、随時、緊急内視鏡検査・治療を行い早期に適切な治療を行えるよう日夜対応に努めています。他科との連携も密で手術を要する疾患も必要かつ十分な検査を実施し、外科および放射線科と協議の上で安全確実な治療法の選択を行っています。

当センター消化器内科の診療の中心は内視鏡による検査、治療であります。通常の上部消化管のスクリーニング検査においては、最新の経鼻内視鏡スコープを主として実施し、精密検査としては、最先端の高精細内視鏡(富士フィルム社 EG-L600ZW7、EC-L600ZP7やオリンパス社 GIF-H290Z、CF-HQ290ZI等)を所有し、詳細な特殊光拡大観察、色素拡大観察、必要に応じ超音波内視鏡検査も含め高精度の診断を実施しています。そのため、近隣医療機関から治療や精密検査を目的に紹介を受ける頻度が幸い増加してきています。消化管腫瘍の内視鏡治療においては表在食道癌や早期胃癌、早期大腸癌に対し内視鏡的粘膜下層剥離術を中心に積極的に内視鏡治療に取り組んでいます。また閉塞性大腸癌に対する内視鏡的ステント留置術の件数は増加してきており、症状緩和および手術への橋渡しいずれの適応においても高い成功率を収めています。 近年増加の一途を辿っている炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病、ベーチェット病等)の診断には、必要に応じ小腸内視鏡検査を実施し詳細な評価を行い、治療にも5ASA製剤等の内服治 療を中心に抗TNF製剤や近年発展の目覚ましいその他の生物学的製剤の導入を含め積極的な治療を継続しています。

次に肝胆膵領域については、慢性肝炎、肝胆道系悪性腫瘍や総胆管結石、急性膵炎が主な治療対象です。慢性肝炎に対しては、肝臓専門医を中心にC型肝炎に対しては最新の経口直接作用型抗ウィルス薬治療を実施し高いウィルス陰性化が達成されています。肝臓癌については放射線科の協力を得て腹部血管造影検査および症例に応じて肝動脈科学塞栓療法を実施しています。

その他胆管炎、胆嚢炎の際の内視鏡的ドレナージ、総胆管結石に対する内視鏡的截石術、その他経皮的 穿刺ドレナージは日常的に実施しており、必要があれば夜間でも緊急のドレナージ術は実施できる体制を 取っております。胆管癌や膵臓癌に対する超音波内視鏡下穿刺術(EUS-FNA)や内視鏡的金属ステント留  置術といった肝胆膵疾患の診断治療も実施しており、最近では膵臓癌術前のEUS-FNAが増加してきています。

スタッフは常勤医が1名、自治医科大学さいたま医療センター消化器科から派遣された2名、後期研修医2名の5名体制です。少数ではあるものの、チームワークの良さを生かし総力で診療に当っています。

 

活動実績

早期胃癌や早期大腸癌等に対しESDを実施する患者様は、基本的には全例拡大内視鏡あるいは超音波内 視鏡による精密検査を実施した上で、ガイドラインに基づき適応を厳密に評価した上で治療に臨んでおり、幸い高い一括切除率が達成できています。そのほかにも胃瘻造設、消化管ステント留置、食道静脈瘤硬化療法・結紮等も積極的に実施しています。その他のクリニカルインジケーターとしては、大腸ポリペクトミー・EMRやERBD/ENBD/SEMSであり、消化管から膵胆管までの広い範囲で積極的な治療内視鏡を行っています。特殊検査としてはカプセル内視鏡、小腸内視鏡、超音波内視鏡下穿刺・ドレナージ術と最新機器を用いた診断にも積極的に取り組んでいます。

 

平成30年度実績

 上部消化管内視鏡 2587例、下部消化管内視鏡 2220例、ERCP 232例

 上部消化管ESD 50例、下部消化管ESD 27例

 

今後の目標

今後も地域ニーズに柔軟に対応する体勢を可能な限り維持し、引き続き住民サービスのため徹底していきたいと考えています。常に意識し取り組んでいる「質」の向上については、個々の症例をその背景を含め、深く検討し科内で緊密にディスカッションを重ねることは当然のこととして、各種の研究会、学会に積極的に出席・発表し、各人の知識・技術の更なる向上に努めていくことを目標としています。現状は、大学病院やさいたま市内の基幹病院から若手医師を派遣して頂いており、それにより何とか当科の診療体制が維持できている状況であることは否めません。しかし若手医師が当科での研修により長足の成長を見せて巣立っていかれる状況を見るに、若手医師の修行の場として当科は充分な責務を果たせていると考えています。当科が持つ考え方やノウハウを惜しむことなくこれからも指導し、今後も積極的にその責任を果たしていきたいと思います。

血液内科

血液内科科長  和田 英則

当科の特徴

平成30年度も、さいたま市内を中心とした血液疾患の患者さんに対し、造血器腫瘍に対する化学療法、再生不良性貧血に対する免疫療法など各種の治療を提供して参りました。入院での診療については2名の血液内科医で担当し、下記の活動実績欄に記載のように、多様な血液疾患に対する入院加療を行なっております。外来診療については非常勤医師の協力も得ながら、外来化学療法も各種実施しており、良性疾患の患者さんも多数通院されています。

血液疾患の初発症状は様々で、他科を受診されている患者さんが紹介される例も多くあります。また、全身疾患であるため治療を進めるにあたり他科の先生方の御協力が不可欠でした。血液疾患の場合、治療が長期間かかることが多く、様々な合併症の対応などがあり、医師、看護師、薬剤師、リハビリスタッフ、栄養士、ソーシャルワーカーなど多くのスタッフで協力して診療を行なっております。

活動実績

平成30年4月~平成31年3月 血液疾患による総入院件数 178例

疾患別入院患者数(複数回入院は1回のみ記載)

疾患別入院患者実数(のべ人数)

急性骨髄性白血病 18
骨髄異形成症候群 14
慢性骨髄性白血病 2
急性リンパ性白血病 3
慢性リンパ性白血病 1
骨髄増殖性腫瘍 1
多発性骨髄腫とその類縁疾患 11
悪性リンパ腫 40
再生不良性貧血 5
赤血球異常 4
特発性血小板減少性紫斑病 7
その他 12

今後の目標

さいたま市に限らず、周辺地域の血液内科病床は慢性的に不足しております。市内外にかかわらず、当院でも可能な限り受け入れしておりますが、満床でそれが困難な場合もあり心苦しく思っております。また、血液疾患に対する治療の多くは当院で実施可能ですが、放射線治療、造血幹細胞移植など一部の治療については当院に設備が無いため実施出来ません。このような場合は、近隣の医療機関へ治療協力を依頼しています。免疫不全状態が長く続く疾患の方も多数いるため無菌治療室など治療環境の整備を検討しています。

今後も当院スタッフのみならず、地域の先生方の御協力を賜りながら、個々の患者さんの病状、環境に合わせた医療を提供できるよう尽力して参ります。

糖尿病内科

院長  加計 正文

当科の特徴

内分泌代謝領域の診療を担当しています。入院患者においては、内分泌疾患の負荷試験による診断と治療、糖尿病の血糖コントロール並びに教育入院を実施しています。教育入院は3泊4日の短期パスを導入し、通 常の長期パス(2週間)との比較でも有効性に差がないことを確認しました。また、8泊9日パスも導入しています。多職種による教育プログラム(管理栄養士による栄養指導、薬剤師による服薬指導、看護師による糖尿病療養指導・生活習慣改善指導、フットケア等、理学療法士による運動療法、検査技師による検査データや血糖管理における指導などを組み込み)からその患者に特に必要とされる重点項目を抽出し、優先順位の元、プログラム構成を作成して実施しています。短期パスでは期間が限られることから、患者の問題点を事前に検討して有効な教育プログラムとアレンジすることが大切です。地域医療機関からの糖尿病教育入院の要望に応え、かつ患者の要望にも応えられるテーラーメイドのプログラムの充実に努力します。

また、周術期などの血糖管理は特に要望が増えつつあり、有用性の高い、インスリン導入の標準化も作成し、インスリン持続静注法は、誰でもできるように血糖管理の簡便化を図っています。また、2018年から始めたDiabetes Support Team(DST)は多職種で構成された糖尿病支援チームで、外科系疾患で入院された糖尿病患者を周術期の糖尿病管理をサポートすることを目的とした院内チームで、週1回の回診をしながら、院内糖尿病患者の管理の標準化と支援のため活動しています。

活動実績

新規糖尿病内分泌疾患入院患者の内訳

  • 甲状腺疾患(副病名も含む)
      バセドウ病                    17名
      慢性甲状腺炎                   9名
      亜急性甲状腺炎                3名
  • 下垂体・副腎疾患  

      ACTH単独欠損症              1名

          尿崩症                            1名

      クッシング症候群             1名

          原発性アルドステロン症  2名
  • 代謝疾患

      1型糖尿病                  6名

      2型糖尿病                19名(内ケトアシドーシス8名)
  • 外来

      1型糖尿病                19名(緩徐進行1型糖尿病含む)

      2型糖尿病                172名

      下垂体疾患                     5名

      副甲状腺・副腎疾患       9名

      甲状腺疾患                   70名
  • その他の活動

      埼玉県糖尿病協会医療者教育委員会委員長として、埼玉県糖尿病療養指導士育成のための講演会

      企画、糖尿病無料相談会、埼玉県糖尿病教育セミナー企画、ウォークラリー企画等を実施しました。

 

今後の目標

地域医療機関との連携強化(3泊4日パス運用していますが、その他のパスも用意しています)による循環型の連携パス運用(HPに連携用の診療情報提供書がダウンロードできます)

1型糖尿病の患者会の発足と活性化、埼玉県糖尿病協会との協力関係強化、DST活動の推進、フットケア外来、血糖測定値の電カル自動入力システム構築等を今年度の目標としています。

脳血管部門 (救急総合診療科担当)

救急総合診療科科長  坪 井 謙

活動実績

脳血管障害は脳神経外科と協力体制のもと、救急搬送、地域の先生方からの紹介で、年間244例(内科+脳神経外科)入院しています。

●脳血管障害 計244例
脳梗塞 計177例
 心原性脳塞栓 48例
 アテローム血栓性 57例
 ラクナ梗塞 46例
 塞栓源不明塞栓症 20例
 奇異性脳塞栓疑い 3例
 動脈解離 2例
 癌に伴う脳梗塞 1例
一過性脳虚血発作 計9例
脳出血 計47例
くも膜下出血 計11例
●rt-PA静注療法 計26例

2017年9月に発症6時間のrt-PA静注療法に加えた経皮的脳血栓回収術がgradeAとより強いレベルで推奨されるようになり、埼玉県でも発症間もない急性期脳梗塞患者に対して積極的な治療が行える病院に搬送するシステムであるSaitama Stroke Network(SSN)が、埼玉県の救急医療の取り組みとして、2018年 1月から開始されました。当院もrt-PA静注療法と脳血管内治療が両方とも可能な脳基幹病院として積極的に脳卒中患者の受入を行いました。その影響もあり経皮的血栓回収術も昨年より増加しました。また、2018年11月には5階北病棟にStroke Care Unit3床を作り、脳卒中患者に集中的な専門ケアができる体制を整えることができました。

脳血管内治療に関してはさいたま市内で5名(現7名)しかいない脳神経血管内治療専門医のうち2名が常勤として勤務しています。脳神経外科と一緒に脳血管内治療チームとして独協医科大学埼玉医療センター脳神経外科鈴木謙介主任教授、兵頭明夫特任教授の指導のもと、治療件数も下記のようになっています。脳血管撮影件数、脳血管内治療数は下記のとおりです。

脳血管内治療チーム

(救急総合診療科・脳神経外科)

脳血管撮影 計52例
脳血管内治療 計70例
 脳動脈瘤コイル塞栓術 3例
 頸部頸動脈ステント留置術 23例
 経皮的脳血管形成術+ステント留置術 10例
 経皮的脳血栓回収術 30例
 脳血管動注療法 4例

塞栓源が不明な塞栓源不明脳塞栓症(Embolic Stroke Undetermined Sourse:ESUS)に対して、MACT(モニターアラームコントロールチーム)と連携しながら、入院中の心房細動の検出を積極的に行っています。1週間のモニタリングで心房細動が検出できなかった場合は経食道心エコーを積極的に行い、左房内血栓の有無や左心耳の血流速度、右左シャントの検索や大動脈壁の肥厚・モバイルプラークの有無などをチェックしています。また植え込み型心電図モニタリング(Reveal LinQ)を経皮的に植え込み、退院後の外来通院中でも心房細動が出現したかわかるように定期的に検索しています。

急性期脳卒中症例に対して発症早期から積極的にリハビリテーションを導入し、機能回復をはかっており、回復期リハビリテーションの適応症例はそのまま院内のリハビリテーション病棟へ転棟し継続して在宅復帰にむけてリハビリテーションを行っています。ベースにsevereな内科疾患がある場合はリハビリテーション科に転科せず内科医師が継続してみております。週1回多職種参加によるリハビリテーションカンファランスを行い、さまざまな角度から患者さんを評価し、それぞれの立場でディスカッションし、より良い加療が行えるようにすすめております。

今後の目標

2019年3月より、発症時間不明で発見後4.5時間以内にMRIで脳梗塞と診断された患者さんにおいて、画像所見によりrt-PA静注療法が可能となりました。経皮的脳血栓回収術の適応拡大に加え、rt-PA静注療法の適応も拡大され、今後さらに脳梗塞の超急性期治療がさかんになっていくと思われます。Stroke Care Unitを有する脳血管内治療ができるさいたま市の中核病院として、救急や地域の先生らの紹介を積極的にうけていきたいと考えております。また、日本脳卒中学会研修教育病院として、脳卒中診療のできる若手の育成にも力をいれていきたいと思っています。

内科研究実績

論文

  1. Nakamura T, Ishida K, Taniguchi Y, Nakagawa T, Seguchi M, Wada H, Sugawara Y, Funayama H, Mitsuhashi T, Momomura S
    Prognosis of patients with fulminant myocarditis managed by peripheral venoarterial extracorporeal membranous oxygenation support: a retrospective single-center study. J of Intensive Care 2015; 3: 5
  2. Fujiwara T, Yoshida M, Akashi N, Yamada H, Tsukui T, Nakamura T, Sakakura K, Wada H, Arao K, Katayama T, Umemoto T, Funayama H, Sugawara Y, Mitsuhashi T, Kakei M, Momomura S, Ako J
    Lower 1,5-anhydroglucitol is associated with adverse clinical events after percutaneous coronary intervention. Heart Vessels. 2015 Apr 29. (Epub ahead of print)
  3. Kameda K, Nakasone H
    Urinary Retention Due to Constipation
    Intern Med 2015 (in press)
  4. 石田 岳史
    急性心筋梗塞の心電図診断 その可能性と限界を理解し、いかにdoor-to –balloon timeを短縮させるか
    Hospitalist 2015;3(3): 574-81.
  5. 中村 智弘
    no reflow現象と心電図変化 再灌流治療後の心電図もチェックしよう!
    Hospitalist 2015;3(3):582-85.
  6. 富永あや子、冨田 晴樹、石田 岳史
    チームで取り組む心電図モニタの安全管理 —さいたま市民MACT活動の効果-
    日本プライマリ・ケア連合学会誌 2015;35(4):383-5.
  7. 江面 正幸、倉前 卓美、柴原 一陽、坪井 謙、上之原 広司
    Direct road map -Mo.ma UltraとPercuSurge GuardWireを併用したCASの新法-
    JNET 2015;9:331-335.

学会発表等

  1. Akashi N, Nakamura T, Tamanaha Y, Ibe T, Momomura S, Yamamoto K.
    Acute Coronary Syndrome (ACS) with Three Vessel Occlusion
    CTAP 2015 2015年4月28日〜5月1日 Seoul
  2. Yamamoto K, Tamanaha Y, Akashi N, Ibe T, Nakamura T
    Successful Percutaneous Coronary Intervention in the Old Patient with Severe Ischemic Heart Failure with 3 Vessel Disease Including 2 Chronic Total Occlusion
    TCTAP 2015 2015年4月28日〜5月1日 Seoul
  3. 中村 智弘、原口 裕美子、玉那覇 雄介、明石 直之、伊部 達郎、山本 慶
    80歳以上の急性心筋梗塞における当院の治療成績
    第46回日本心血管インターベンション治療学会関東甲信越地方会 2015年5月9日 東京
  4. 山本慶
    ペースメーカー留置後に心膜液および胸水が貯留した1例
    さいたま循環器研究会 2015年5月20日 さいたま
  5. Ibe T, Wada H, Sakakura K, Nakamura T, Ikeda N, Yamada Y, Sugawara Y, Mitsuhashi T, Ako J, Fujita H, Momomura S
    Comparison Between Transpulmonary Pressure Gradient and Diastolic Pulmonary Vascular Pressure Gradient in Pulmonary Hypertension due to Left Heart Disease
    第1回HAKATA cardiovascular conference 2015年5月30日 福岡
  6. 山本 慶
    健診で異常指摘された冠動脈瘤の一例
    第38回さいたま循環器研究会 2015年7月29日 さいたま
  7. 伊藤みゆき、吉村 誠一郎、石田 弘毅、谷口 陽介、船山 大、藤田 英雄、百村 伸一、明石 直之、山本 慶、中村 智弘
    腹痛・嘔吐を主訴に救急搬送された腹腔動脈解離の一例
    第236回 日本循環器学会関東甲信越地方会 2015年6月20日 東京
  8. 中村 智弘、原口 裕美子、玉那覇 雄介、赤石 直之、伊部 達郎、山本 慶
    80歳以上の急性心筋梗塞における当院の治療成績
    第35回心筋梗塞研究会 2015年7月4日 東京
  9. 中村 智弘、石田 弘毅、原口 裕美子、玉那覇 雄介、伊部 達郎、山本 慶
    起始異常を伴うLMT-AMIに対して補助循環下にTRIで治療した症例
    TOPIC 2015 2015年7月9日〜7月11日 東京
  10. 山本 慶、坪井 謙、明石 直之、伊部 達郎、中村 智弘、石田 岳史
    Safety and feasibility of carotid artery stenting by trans-radial approach
    第24回日本心血管インターベンション治療学会学術集会・CVIT 2015 2015年7月31日 福岡
  11. 中村 智弘、玉那覇 雄介、伊部 達郎、原口 裕美子、山本 慶
    治療方針に悩んだ虚血性心疾患の2症例
    第11回C5研究会 2015年7 月31日 福岡
  12. Ibe T, Wada H, Sakakura K, Nakamura T, Ikeda N, Sugawara Y, Mitsuhashi T, Ako J, Fujita H, Momomura S
    Pulmonary Hypertension due to Left Heart Disease: Comparison Between Transpulmonary Pressure Gradient and Diastolic Pulmonary Vascular Pressure Gradient
    ESC Congress 2015 September 1st, 2015, London
  13. 山本 慶、原口 裕美子、玉那覇 雄介、伊部 達郎、中村 智弘、須賀 幾
    ペースメーカーリード穿孔により発症した心膜液および胸水がステロイドで著効した1例
    第49回ペーシング治療研究会 2015年9月5日 広島
  14. 原口 裕美子、玉那覇 雄介、伊部 達郎、山本 慶、中村 智弘
    遅発性ステント血栓症の経験.
    さいたま市の抗血小板療法を考える会 2015年9月15日 さいたま
  15. 玉那覇 雄介、原口 裕美子、伊部 達郎、山本 慶、中村 智弘
    冠動脈バイパス術後心不全に対して左鎖骨下動脈狭窄を治療した一例
    第9回Japan Peripheral Revascularization研究会 2015年10月2日 東京
  16. 伊部 達郎、中村 智弘、玉那覇 雄介、原口 裕美子、山本 慶
    Trans-brachial intervention翌日に上腕動脈閉塞を来し、カテーテル治療により再開通に成功した一例
    第47回日本心血管インターベンション治療学会関東甲信越地方会 2015年10月24日 東京
  17. 原口 裕美子、伊部 達郎、玉那覇 雄介、山本 慶、中村 智弘、石田 岳史
    重症心不全に対する足浴療法の血管内皮機能への効果
    第52回日本臨床生理学会総会 2015年10月31日〜11月1日 埼玉
  18. 玉那覇 雄介、山本 慶、中村 智弘、石田 岳史、伊部 達郎、原口 裕美子
    永久ペースメーカー植え込み術後の心膜液及び胸水貯留に対しステロイドが著効した一例
    第239回日本循環器学会関東甲信越地方会 2016年2月6日 東京
  19. 石田 岳史
    腹部大動脈瘤早期診断におけるプライマリ・ケア医の役割
    さいたま心臓血管疾患診療セミナー 2015年4月17日 さいたま
  20. 富永あや子、冨田 晴樹、石田 岳史
    12誘導心電図は心電図モニタ誘導決定にいかに寄与できるか.
    第79回日本循環器学会学術集会 2015年4月25~26日 大阪
  21. 富永あや子、冨田 晴樹、石田 岳史
    テクニカルアラームに対する現状調査
    第25回日本臨床工学会 2015年5月23~24日 福岡
  22. 石田 岳史.そうだったのか!
    循環器疾患に用いる薬剤の使い方
    埼玉県臨床工学士会 第6回循環器セミナー 2015年7月5日 さいたま
  23. 石田 岳史
    地域医療支援病院における心房細動の包括的管理
    平成27年度 第1回大宮内科医会学術講演会 2015年8月5日 さいたま
  24. 富永あや子、冨田 晴樹、石田 岳史
    心電図モニタ運用におけるチーム医療とコンフリクト・マネジメントの実践
    第63回日本心臓病学会学術集会 2015年9月18~20日 横浜
  25. 石田 岳史
    IPWによるチーム医療の実践.糖尿病チーム医療懇話会〜チームで支える糖尿病治療〜 
    2015年8月26日 さいたま
  26. 石田 岳史
    動脈硬化に潜むCOPDのワナ
    第6回 SAITAMA COPD FORUM 2015年10月21日 さいたま
  27. 冨田 晴樹、富永あや子、石田 岳史
    アサーティブ・コミュニケーションを取り入れた心電図モニタの安全管理
    第52回日本臨床生理学会総会 2015年10月31日~11月1日 埼玉
  28. 石田 岳史
    地域支援病院における内科体制の構築 -総合内科と専門内科の一体化で医療の質を向上-.
    厚生労働省委託事業 医療勤務環境改善マネジメントシステム普及促進セミナー 平成27年11月16日 新潟
  29. 石田 岳史
    虚血性心疾患の心電図診断とその限界
    大宮医師会 心電図コード表勉強会 2015年11月17日 さいたま
  30. 富永あや子、冨田 晴樹、石田 岳史
    心電図モニタにおける偽アラームとその対策
    第10回医療の質・安全学会 2015年11月22~23日 千葉
  31. 石田 岳史
    循環器疾患の急変対応 〜病棟ナース必須のノウハウ教えます〜.
    医療スタッフのためのスキルアップセミナー 2015年12月12日 仙台
  32. 石田 岳史
    地域医療支援病院における内科体制の構築 −総合内科と専門内科の一体化で医療の質を向上−
    医療勤務環境マネジメントシステム普及促進セミナー 2015年12月14日 金沢
  33. 西田 隆、岩井 悠希、松本 建志
    一側完全無気肺を呈したアレルギー性気管支肺アスペルギルス症の1例
    第214回日本呼吸器学会関東地方会 2015年5月23日 東京
  34. 西田 隆、松本 建志
    自己免疫性溶血性貧血を合併した間質性肺炎の1例.
    第168回日本結核病学会関東支部会 第216回日本呼吸器学会関東地方会 合同学会.2015年9月26日 前橋
  35. 西田 隆、岩井 悠希、松本 建志
    原発性肺癌を基礎とした難治性有瘻性膿胸に対し気管支内自己血注入が奏功した1例
    第155回日本呼吸器内視鏡学会関東支部会 2015年12月5日 東京
  36. 西田 隆、松本 建志、石田 岳史、岩井 悠希、鵜飼知嵩
    非典型的な画像所見を呈し診断に難渋した多発性骨髄腫に続発する肺アミロイドーシスの1例
    第621回日本内科学会関東地方会 2016年2月13日 東京
  37. 中島 嘉之
    ピロリ菌をやっつけろ~検診と胃がんの話・最新の治療の話題~
    さいたま市民公開講座 2015年11月23日 さいたま
  38. 中島 嘉之
    GERDの長期管理に適した薬剤を考える~酸分泌抑制薬の新時代~
    大宮外科医会講演会 2016年3月28日 さいたま
  39. 重吉 槙子、西田 隆、坪井 謙、松本 建志
    ステロイド減量中に自己免疫性膵炎(AIP)を発症し診断に至ったIgG4関連肺疾患の一例
    第168回日本結核病学会関東支部学会・第216回日本呼吸器学会関東地方会合同学会 2015年9月26日 前橋
  40. 坪井 謙、原口 由美子、西田 隆、佐藤 千鶴、大島 史香、石田 岳史
    超高齢者の救急入院は施設入所中の方が自宅より平均入院日数が短い傾向にある
    第43回日本救急医学会総会 2015年10月21日 東京
  41. 坪井 謙、倉前 卓実、江面 正幸、柴原 一陽、上之原 広司
    Direct road map ‐Mo.Ma. UltraとPercuSurge GuardWireを併用したCASの新法-
    第31回日本脳神経血管内治療学会 2015年11月21日 岡山
  42. 斉藤 聡志、吉田 克之、坪井 謙、石田 岳史
    消化器症状で救急受診したNeisseria meningitis(Y型)感染による敗血症の1例
    第620回日本内科学会関東地方会 2015年12月12日 東京
  43. 齋藤 優子、西田 隆、斉藤 聡志、山下 美華、桜井 万紀子、大島 史香、佐藤 千鶴、坪井 謙、石田岳史
    蜂窩織炎に続発したアナフィラクトイド紫斑の1例
    第623回日本内科学会関東地方会 2016年3月12日 東京
  44. 坪井 謙、藤井 淑子、高野 一成
    狭窄部のlesion crossに難渋した頸部頸動脈ステント留置術の1例.
    第33回日本脳神経血管内治療学会東北地方会.2016年3月12日 仙台
  45. 坪井 謙、内田 貴範、鈴木 亮太郎
    脳血栓回収術中にくも膜下出血を生じた1例.
    第15回東埼玉血管内治療倶楽部 2015年10月3日 越谷
  46. 坪井 謙
    トリアージ講習会~災害に備えて~
    浦和医師会 2015年10月8日 さいたま
  47. 坪井 謙、内田 貴範、鈴木 亮太郎
    さいたま市大宮地区抗凝固療法Network Meeting症例検討
    2015年10月14日 さいたま
  48. 坪井 謙、石田 岳史、高野 一成、守谷 俊
    当院における急性期脳梗塞に対する脳血管内治療の成績
    第8回埼玉県急性期フォーラム 2016年1月16日 さいたま
  49. 坪井 謙
    地域包括ケアシステムにおける救急医療の位置づけ‐在宅医療と救急医療の円滑な連携のために‐
    大宮医師会 2016年3月11日 さいたま
  50. 坪井 謙、石田 岳史、高野 一成、守谷 俊
    当院における急性期脳梗塞に対する脳血管内治療の成績
    第8回埼玉県急性期フォーラム 2016年1月16日 さいたま
  51. 井上 博睦、中島 嘉之
    当院におけるEUS-FNAの現状
    埼玉県EUS研究会 2015年10月26日 埼玉

シミュレーション教育実績(コースディレクターのみ掲載)

ICLS、救急医学会BLSコース

  • 自治医科大学さいたま医療センターICLSコース インストラクター 2015年4月14日
  • 第2回さいたま市民医療センター救急医学会BLSコース コースディレクター 2015年4月11日
  • 第24回さいたま市民医療センターICLSコース コースディレクター 2015年6月13日
  • 第25回さいたま市民医療センターICLSコース コースディレクター 2015年6月14日
  • 第1回彩の国東大宮メディカルセンターICLSコース コースディレクター 2015年9月13日
  • 第1回さいたま市立病院ICLS指導者養成ワークショップ コースディレクター 2015年11月14日
  • 第26回さいたま市民医療センターICLSコース コースディレクター 2015年12月19日
  • 第27回さいたま市民医療センターICLSコース コースディレクター 2015年12月20日
  • 第28回さいたま市民医療センターICLSコース コースディレクター 2016年3月15日

JMECC

  • 第1回さいたま市民医療センターJMECCコース コースディレクター 2015年9月27日
  • 第2回さいたま市民医療センターJMECCコース コースディレクター 2016年3月16日

ISLS

  • 第7回さいたま市民医療センターISLSコース コースコーディネーター 2015年8月18日
  • 第3回さいたま市民医療センターISLSワークショップ コースコーディネーター 2015年8月18日
  • 第8回さいたま市民医療センターISLSコース コースコーディネーター 2016年11月23日
  • 第2回埼玉県中央地域MC協議会 第2回処置範囲拡大に伴う追加講習 2015年5月22日、さいたま
  • 埼玉県消防学校救急救命士養成所 第2回処置範囲拡大に伴う追加講習 2015年6月25日、さいたま

disasterABC

  • 第1回さいたま市民医療センターdisasterABCコース 2015年9月16日、さいたま

スタッフ

百村 伸一 病院長
日本循環器学会循環器専門医
石田 岳史 副院長
日本内科学会総合内科専門医
日本循環器学会循環器専門医
藤原 俊文

内科副部長

日本内科学会総合内科専門医

日本消化器病学会消化器病専門医

日本循環器学会循環器専門医

日本救急医学会救急科専門医

松本 建志 呼吸器科科長
日本内科学会総合内科専門医
日本呼吸器学会呼吸器専門医
日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡専門医
日本アレルギー学会アレルギー専門医
坪井 謙 救急総合診療科科長
日本内科学会総合内科専門医
日本救急医学会救急科専門医
日本脳神経血管内治療学会脳血管内治療専門医
中村 智弘

循環器科科長
日本内科学会総合内科専門医
日本循環器学会循環器専門医

新畑 博英 消化器科科長
日本内科学会総合内科専門医
日本消化器病学会消化器病専門医
日本消化器内視鏡学会消化器内視鏡専門医
日本肝臓学会肝臓専門医
和田 英則

血液内科科長

日本血液学会血液専門医

 

自治医科大学より派遣

林 伸好

呼吸器科医長

日本内科学会総合内科専門医
日本呼吸器学会呼吸器専門医

山中 健一

消化器科医長

日本内科学会総合内科専門医

日本消化器病学会消化器病専門医

日本消化器内視鏡学会消化器内視鏡専門医

自治医科大学より派遣

松本 充也

循環器科医長
日本循環器学会循環器専門医


自治医科大学附属さいたま医療センターより派遣

山岸 利暢

内科医長

日本救急医学会救急科専門医

日本内科学会総合内科専門医

吉野 雄大 内科医長
日本内科学会総合内科専門医
宮澤 晴久

腎臓科医長

日本内科学会総合内科専門医

日本腎臓学会腎臓専門医

日本透析医学会透析専門医


自治医科大学附属さいたま医療センターより派遣

村田 信也

内科医長
日本救急医学会救急科専門医

上口 潤子

内科医師

日本内科学会総合内科専門医

日本循環器学会循環器専門医

伊藤 敬子

内科医師

齊藤 悠太

内科医師

日本内科学会総合内科専門医

大南 伸也

内科医師

日本神経学会神経内科専門医

江原 幸康

内科医師

重吉 槙子

内科医師

 

自治医科大学附属さいたま医療センターより派遣

石川 輝

内科医師

 

自治医科大学附属さいたま医療センターより派遣

松井 崇頼

内科医師

 

 板垣 健介 内科医師

 

川村 俊人

内科医師

 

自治医科大学附属さいたま医療センターより派遣

町田 健太

内科医師

 

さいたま市立病院より派遣

山本 傑

内科医師

 

さいたま市立病院より派遣

矢野 弘崇

内科医師

 

さいたま赤十字病院より派遣

木葉 雄行

内科医師

 

自治医科大学附属さいたま医療センターより派遣

廣岡 翔真

内科医師

 

自治医科大学附属さいたま医療センターより派遣

倉地 萌黄

内科医師

 

さいたま赤十字病院より派遣

教育認定施設

  • 基幹型臨床研修病院
  • 日本内科学会認定医制度教育関連病院
  • 日本循環器学会循環器専門医研修施設
  • 日本心血管インターベンション治療学会研修関連施設
  • 日本消化器病学会認定施設
  • 日本消化器内視鏡学会指導施設
  • 日本呼吸器内視鏡学会専門医制度認定施設
  • 日本呼吸器学会認定関連施設
  • 日本脳卒中学会研修教育病院
  • 日本がん治療認定医機構認定研修施設
  • 日本静脈経腸栄養学会NST稼働施設