皮膚科

皮膚科について

 2018年4月より皮膚科が新設されました。皮膚に生じる全ての疾患について診療を行っております。皮膚疾患は多岐に渡り、内科的な疾患に伴って生じる皮膚病も稀ではありません。したがって、院内ならびに地域の先生方とも協調して診療を行っております。
 また、当科では、個々の症例に相応しい適切な診療を心がけております。そのため、悪性腫瘍など集学的治療が必要な症例や、整容的な治療を希望されるケース、先天性疾患等で特殊な治療が必要であると判断される場合には、連携している専門の医療機関へ紹介させていただくこともあります。
 英語、スペイン語でも対応致します。

 


皮膚科外来

 皮膚科外来では、皮膚に起こる様々な疾患、皆様のお肌の悩みにも幅広く対応致します。受診をご希望の方は、月・火・木・金曜日に来院をお願いします。午後の診察をご希望の方は、木曜日の受診をお勧めしております。
 また、患者数の増加に伴い、待ち時間がやや長くなっている日がございます。快適に受診して頂けるよう今後も努力致しますので、よろしくお願い致します。

脈管外来

 水曜日の午後は「脈管外来」を行っております。
 下腿潰瘍・血管炎・循環障害などを診察する特別外来です。

多職種で構成されるチーム医療について

褥瘡回診

 褥瘡、医療機器関連圧迫創傷、スキンテアなど、主に入院患者に生じる皮膚病変について、治療と予防について多職種で回診を行い、多角的なアプローチを心がけています。

フットケア外来

 木曜日は、「足を診る」ことに特化したフットケア外来を行っています。
 鶏眼(魚の目)や胼胝(たこ)など荷重により生じる皮膚病変や、足白癬、爪白癬、蜂窩織炎などの感染症、糖尿病の患者さんに生じる潰瘍など、様々な疾患が適応になります。
 単なる対症療法にならないように、「何故その病変が出来たのか?」にこだわり、フットケア認定師(看護師)、理学療法士、義肢装具士と共に診療を行っています。
 足に関してお困りのことがございましたら、ご相談ください。

将来に向けて

 2008年をピークとして、日本人の人口は減少に転じています。それに伴い訪日・在留外国人が増加し、社会の一員として活動している姿を目にするようになりました。このような社会構造の変化や、地球温暖化などを背景として、今後は新型コロナウイルス感染症だけではなく、様々なインバウンド感染症がもたらされることが予測されています。このような環境や社会の変化にも機敏に対応出来るように、柔軟な診療を行いたいと思っております。 

医師

宮田 聡子

皮膚科科長

日本皮膚科学会皮膚科専門医

Infection Control Doctor(ICD)

自治医科大学附属さいたま医療センター皮膚科特任准教授

 

自治医科大学より派遣